徳島県板野町の整体院「くすコンディショニング」を主宰する整体師の日々のこと、カラダのこと、ふと感じたことなどなど。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぎっくり腰は温めない!
9月に入り朝晩だいぶ涼しくなってきました。

季節の変わり目のこの時期になると、
急に「ぎっくり腰」の患者さんが増えてきます。

ぎっくり腰の対処法として注意してもらいたいのは、
決して温めないことです。

ぎっくり腰の患者さんで
施術の前にわざわざお風呂に入り、
「しっかりと温めてから来ました」という方がいます(苦笑)。

症状が余計に悪化してしまうので絶対にやめましょう!。

ぎっくり腰などの急性の痛みは炎症が起こっています。
捻挫や打撲と同じです。
温めることによって炎症を促進させてしまいます。

ぎっくり腰は温めるのではなく、冷やすのが大切です。

湿布よりも氷で冷やすのが一番です。
お手軽なのは保冷剤をタオルで巻いて冷やすのが簡単です。

そして入浴は湯船にはつからずに
シャワーですませるようにしておきます。

まずは3日間、とにかく冷やすことです。

そしてぎっくり腰とは、自己防衛反応でもあります。

「カラダの疲れ、歪みがもう限界!」
「このまま動かれてはもう無理!」

こう判断したカラダが自己防衛のために痛みをお越し、
しばらく安静にしてもらおうと働きかけているのです。

ぎっくり腰はカラダからのサインです。

痛みが治まったからといってそのままにせずに、
カラダの疲れ、緊張、歪みをとる。
しっかりとしたメンテナンスが必要です。


くすコンディショニング
整体ウォーキング
スタイルアップ整体&ウォーキングレッスン
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
>