徳島県板野町の整体院「くすコンディショニング」を主宰する整体師の日々のこと、カラダのこと、ふと感じたことなどなど。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熊野古道・熊野詣の旅ーその2
宿泊先はホテル浦島
このホテルには車を駐車してから専用の船にて入館します。

館内はとても広く、中にある温泉は6つ。
地図を持たないで歩くと迷いそうです。

早速温泉へ。
しかし玄武洞温泉に行くつもりが、
案の定迷って忘帰洞温泉へ。

SH3C0083.jpg

天然の洞窟の中にある名物の温泉。
すぐ横の海は荒れてゴウゴウいっています。
温泉はぬるめ。
長く入らないとなかなかカラダが温まらない。

妻はここではカラダが温まらなかったといい、
この後内風呂のハマユウの湯にも入る。

風呂上がりの一杯。

CIMG1269.jpg

昼食時に買ったナギサビールをやっとここで飲む。
なんとなく黒ビールに近い味わい。
フルーティなビールです。

2本飲んで早めに就寝。

起きたら朝風呂へと玄武洞温泉へ。

SH3C0086.jpg

こちらも天然洞窟の温泉。
今朝も天気が悪く、海は荒れています。

その後山頂に建つ山上館の天海の湯にも入る。
朝食バイキングでは欲張りすぎて腹一杯となる。

ホテルを出発して向かったのは熊野三山の2つ目、熊野速玉大社。
境内には気になる名前のお社が。
「手力男神社」

CIMG1288.jpg

整体師としてこちらのお社にもしっかりとお参りする。
これでハンドパワーが益々パワーアップしたはず(笑)

天気が悪いので、
御神体の巨岩コトビキ岩は次への道中の車から眺める。

車を走らせて熊野三山の最後、熊野本宮大社へ。
熊野古道の終着点。
お参りを済ませてから周辺をぶらぶらと散策する。

日本一の高さを誇る大鳥居。

CIMG1274.jpg

そして熊野川。

CIMG1278.jpg

散策した後は、
速玉大社の横のお土産屋で買ったヤタガラスのたまご(お菓子)と、
うめとみかん味の熊野サイダーでのどをうるおす。

SH3C0090.jpg

そして近くの道の駅では名物「めはりずし」を食べる。
高菜の漬物で包んだおむすび。
高菜の塩加減が効いていて美味しい。

CIMG1282.jpg

熊野三山詣も終わり、帰りの途へ。

途中の田辺では遅めの昼食に宝来寿司へ。

握り寿司と太刀魚の天丼、
それとノンアルコールビールを注文。

SH3C0091.jpg

太刀魚の天丼は絶品!
この旅行での食べ物のチョイスはどれも正解でした。

その後の予定では和歌山港からフェリーで帰るつもりでしたが、
次のフェリーまで3時間待ちになる。

それならばと大阪~神戸~淡路島経由で車を走らせる。

途中の神戸あたりからやっと天気が良くなる。
天気には恵まれませんでした。

夜7時前には我が家に到着。
フェリーの出発時間前に着くことが出来ました。

急遽決まった旅行でしたが、
なかなかいい旅となりました。
感謝。


くすコンディショニング
整体ウォーキング
スタイルアップ整体&ウォーキングレッスン
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
>