徳島県板野町の整体院「くすコンディショニング」を主宰する整体師の日々のこと、カラダのこと、ふと感じたことなどなど。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛みと心
021422120000.jpg

無意識に抑圧された怒り。
①日常生活におけるプレッシャーによる怒り
②幼少時に受けた心的外傷による怒り
③欲求を満たすために自ら課したプレッシャーによる怒り

不快な感情に対処するために、意識の目を他に向けさせようとする。
身体に痛みがあると、不安や恐怖が意識の大部分を占め、不快な感
情を知らず知らずのうちに抑圧することが出来る。

痛みは注意をそらすためのものだという事実を認識し、しっかりと
理解する。すると、ごまかしは通用しなくなり、痛みは消える。
痛みの存在理由がなくなるからだ。

腰痛は<怒り>である CD付』より

う~ん、ちょっと難しい・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
>