徳島県板野町の整体院「くすコンディショニング」を主宰する整体師の日々のこと、カラダのこと、ふと感じたことなどなど。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽でキレイな姿勢
一般的に言われている正しい姿勢は、

・背筋を伸ばす。
・胸をはる
・お尻の穴をキュッとしめる。

こんなところでしょうか。

でもこんな姿勢が楽な姿勢と
言えるのでしょうか?

「姿勢を良くしようと思っていても、
疲れる、しんどいから出来ない」

そんな言葉をよく聞きます。

本当の正しいは姿勢が、
「疲れる、しんどい姿勢」ではないはずです。

本当に正しい姿勢は、

「楽で、キレイな姿勢」 のはずです。


ではそんな姿勢のお手本は何か?

それは3歳児の立ち姿です。

iyori1.jpg
<胸を張らずに背中が丸い>

3歳児くらいの幼児は、
まだ筋肉が発達しておらず頭も大きいので、
自然なリラックスした姿勢でまっすぐに立ちます。

と言うか、

まっすぐに立つことしか出来ません。

また一般的に言われている
「背筋を伸ばす、胸をはる」
という姿勢の教育を受けていないので、
余計な意識が働かず、自然な立ち姿になっています。

しかも、幼児に
腰痛や肩こりなんてありません(笑)
元気に走り回っています。

赤ちゃんとして生まれて、
寝返り、這い這い、つかまり立ちという過程をえて、
自然と楽でキレイな姿勢を身につけているのです。

誰もが幼児のころ立てていたこの自然な姿勢。
この姿勢をもう一度思い出させてあげます。

それが、
「整体ウォーキング」です。

2月4日(木)10時~13時・横浜にて、
「整体ウォーキング・インストラクター養成講座」
がスタートします。

詳しくはこちらのホームページで≫


くすコンディショニング
整体ウォーキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
>