徳島県板野町の整体院「くすコンディショニング」を主宰する整体師の日々のこと、カラダのこと、ふと感じたことなどなど。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頭痛薬の副作用は「頭痛」
梅雨時や季節の変わり目などには、
頭痛の症状を訴える患者さんが多くなります。

特に女性の方に多いのが、
頭痛薬を常に飲み続けている方。

頭痛になるのがイヤだから、
痛くなる前に飲んでしまうとか。

「便秘薬は毎日飲んでいます」と、
平然とおっしゃる方もいます(笑)

よく効く薬には、
必ず副作用というものがあります。

頭痛薬の副作用は、なんと
「頭痛」だそうです。


<薬物乱用頭痛になるケース>

緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛、あるいはこれらの
混合タイプの頭痛がある人で、(種類に関係なく)
頭痛薬を月に10日以上飲んでいる人は、
薬物乱用頭痛になっている可能性があります。

※「月に10回」ではありません。
たとえば、頭痛薬を1日3回、3日間飲んでも
薬物乱用頭痛にはなりません。

薬物乱用頭痛の人は人口の3%いると言われ、
日本では300万人以上いると推定されています。

緊張型頭痛は、基本的に頭痛薬を飲まなくても、
首や肩のこりを解消することで治ります。
それを片頭痛だと思って頭痛薬を飲み続けることによって、
薬物乱用頭痛になる可能性があります。

参照:「NHKためしてガッテン」
初公開!頭痛の新常識



手軽に服用できる頭痛薬も、
飲み続けてしまうと薬物乱用になってしまうんですね。

薬に頼りすぎない自然なカラダを取り戻す。
そんなカラダづくりを目指していきましょう!


くすコンディショニング
整体ウォーキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
>