徳島県板野町の整体院「くすコンディショニング」を主宰する整体師の日々のこと、カラダのこと、ふと感じたことなどなど。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出番です
PICT0015.jpg

来年の施術予約をいただきました。
ありがとうございます。

新しい手帳の出番です。
(でも今年の12月12日から記入できるので、
既にプレ・デビュー済み)

もう1度目の忘年会を済まされたお客様も。
師走を実感します。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
忘年会シーズン到来ですね。。。
今日はショッピングして歩いても膝大丈夫でした。一応、湿布にサポートと万全の体制で行ったからでしょうか?でも痛くないのに明日痛くなってそうで怖くてついまた湿布を・・・。湿布がくせになってます↓
2005/12/04(日) 05:39:34 | URL | PIANO #-[ 編集]
お風呂の時
すっかり寒くなって、
天気予報には雪マークも。

膝、心配ですね。
お風呂の時、膝にお水とお湯を交互にかけるのも効果があります。血行が促進され、ポカポカした感じが長続きします。
2005/12/04(日) 22:02:42 | URL | くす山 #-[ 編集]
今日はさすがに寒かった・・・
今朝、心配して起きたのですが膝大丈夫だったので今日も少し出かけました。・・・が、昨日今日とブーツで膝を痛めてから履いていないヒールものだったのではやり今日途中鈍い痛みを感じました(;_:)お水かけるんですか?冷たいでずぅっっっっ・・・。冷湿布と温湿布、どちらがお勧めですか?ちなみに最初の病院で冷湿布だったので薬局とかで購入したりしますが、寒くなると「つめたっっっ!」みたいな・・・治す気はあるんですが・・・_(_^_)_
2005/12/05(月) 00:45:28 | URL | PIANO #-[ 編集]
「冷やす」か「温める」か?
急性の痛みには冷やし、慢性の痛みには温めるのが基本です。「冷やす」のは主に炎症を抑え、痛みを軽くする効果があります。「温める」のは筋肉組織の血液の循環を促進し、筋肉のリサイクルする働きを早めてくれます。ただし、炎症の進行中は温めると炎症を促進してしまい、一時的に痛みが激しくなることがあります。
PIANOさんの場合、夜寝るときは冷湿布をして冷やし、起きて活動するときは温湿布で温める、という方法もあります。
2005/12/05(月) 23:20:26 | URL | くす山 #-[ 編集]
なるほど。有難うゴザイマス_(_^_)_
最近少し以前より回復しているのが自分で分かるので嬉しいです★
2005/12/06(火) 00:13:46 | URL | PIANO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
>