徳島県板野町の整体院「くすコンディショニング」を主宰する整体師の日々のこと、カラダのこと、ふと感じたことなどなど。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
限りなく3時間半に近い20分台
H19.11.23-1.jpg  H19.11.23-2.jpg

23日の金曜日、京都福知山マラソンを走ってきました。

天気も良く、風もない絶好のコンディション。
さすがに「全国ランニング大会100撰」で総合3位にランクイン。
給水エイド・応援・スタッフ運営などとても充実していました。

1キロ5分ペースでいけば3時間30分。
それよりちょっと頑張って3時間20分台が目標。

1万人規模の参加人数のためスタート前のトイレはすごい混み様。
我慢して走ったほうが速く走れるかと思って断念する。

最初の5キロは人ごみをすり抜けながらの走り。
途中我慢出来ずにトイレに立ち寄ってロスタイム。
それでもなんとか30キロまでは1キロ5分ペースよりも
ちょっと早いペースで快調に走る。
とにかく「余計な力の抜けた走り」を心がける。

30キロ過ぎからきつくなり、35キロからは自然とペースダウン。
自らペースを落としてしまうと後はズルズルいきそうなので、
先のことを考えず1キロ1キロをしっかりと走る。
後は時間との闘い。

マラソンの42.195キロというのは本当に良く出来ている。
ラストの2.195キロは本当にキツイ。

さらにラスト1キロからは上り坂。
ここから地元小学生の女の子が、応援KIDSランナーとして伴走してくれる。
この女の子の伴走が実に良かった。
早いペースでほんの少し前を走ってくれる。
必死についていくことでペースが上がった。
でも本当はかなりきつかった。

ゴールタイムは3時間29分28秒。
限りなく3時間半に近いけれど、
目標の3時間20分台でなんとか走りきる。
しかし脚はガクガク。

これで今年のレースは終了。

来年はサブスリー(2時間台)に挑戦か!



くすコンディショニング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
>