徳島県板野町の整体院「くすコンディショニング」を主宰する整体師の日々のこと、カラダのこと、ふと感じたことなどなど。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カラダ中の「水」を意識する
人間のカラダの60%は水です。
カラダを動かすには筋肉が必要ですが、カラダの半分以上は水で
出来ています。

カラダに痛みがあると、筋肉や関節を意識して動かしてしまいます。
そうすると硬くぎこちない動きへとなってしまいます。

本来のカラダは水のように全身で連動性をもっった動きをします。
動作の大小に関係なく全身を使って動くように出来ているのです。


【水を意識して歩いてみる】

まずは身体中全ての筋肉が水になったイメージを持って腕を振ります。
肩の力を抜ききって全身が水であることを意識します。
身体の中心から津波の波が腕の先端まで流れていくイメージで、
ゆったりと腕を振ります。
そして上半身だけでなく股関節や膝関節周辺も、水であることを
イメージしていきます。

こうして全身が水である感覚を養っていきます。
この感覚が身についていけば、余計な力の抜けたしなやかな歩き方が
容易にに出来るようになります。

ストレッチをする時などもこの「水の感覚」でやると、全身への効果が
一層高くなると思います。


追伸:
体内に占める水の比率は年齢、男女差、肥満度によって異なります。
男性は60%なのに対し、女性は55%と男性の方が体内の水分の割合は
高くなっています。また痩せている人が60%なのに対し、太っている人
は40%という割合が出ています。
「水太り」という言葉がありますが、水にはカロリーが無いので“水を
飲んで太る”というのはただの迷信にすぎません。


くすコンディショニング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
>