徳島県板野町の整体院「くすコンディショニング」を主宰する整体師の日々のこと、カラダのこと、ふと感じたことなどなど。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
患者さんの気持ち
H18.8.7.jpg

先月、病院で左ヒザの診察をしてもらった時のこと。
(一応病院でも診てもらいました)

触診していきなりの言葉が、
「ヒザの軟骨がちびていますね」

「ちびています?いきなりそんなことを言われるとショックですね」
と言うと、

「歳を重ねればシワや白髪も出来るし軟骨もちびてきますよ」

「・・・・。(歳のせいかよ!)」


比較するため両ヒザのレントゲンを撮った後の診察では、
「ほら、よーく見ると、左ヒザの方が気持ち隙間があいているでしょ」

「ん~~、そうですかね・・・。(誘導尋問かよ!)」

どう見ても同じ隙間にしかみえなかった。

とりあえずヒザに注射をしてもらって湿布をもらう。
もう通院することはないだろう。


今回自分が患者側になったことで、

整体師が必要とされること、
整体師として出来ること、
整体師としての言葉のかけ方、

患者さんの気持ちになってあらためて考えるっきっかけと
なりました。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
>