徳島県板野町の整体院「くすコンディショニング」を主宰する整体師の日々のこと、カラダのこと、ふと感じたことなどなど。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Reset(リセット):カラダの歪みを整える
●Reset(リセット):・カラダの歪みを整える

1.自分で出来る骨盤矯正の方法です。

骨盤は骨格の中心です。
骨盤が傾けば背骨も歪んでいきます。
また左右のバランスも崩れてしまいます。
まずは骨盤を正しい位置に調整していきます。

最初に自分で骨盤の歪みをチェックします。

<セルフチェックの方法>

①仰向けになって脚をまっすぐに伸ばします。
②伸ばした脚を少し開いてから閉じてくっつけます。
③くっつけたカカトの左右差で足先の長さを比べます。
④長い側に骨盤が下がっています。
⑤次に仰向けのままヒザを立てて揃えます。
⑥ヒザのお皿の高さを比べます。
⑦高い側に骨盤が傾いています。


<自己調整方法>

①スポーツタオルかバスタオルを1枚用意して、
 4~5cmの厚さにたたみます。
②仰向けになってたたんだタオルを仙骨の下に敷きます。
(仙骨:骨盤の中央、腰骨とおしりの割れ目の間の骨)
③ベルトライン左右の横にある骨盤の突き出した骨(腸骨棘)に、
 手のひらのくぼんだところをあてます。
④そのまま手の重さだけで、セルフチェックで長かった側の骨盤を頭方へ、
 反対側を足方へと、軽く誘導するように2~3分保持します。
⑤次に、ヒザのお皿の高かった側の骨盤に両手を重ねてあてて、
 骨盤を下方へ軽く誘導するように2~3分保持します。
⑥次に、両手を重ねたまま恥骨結合部に手のひらをあてて、
(恥骨結合部:おへそから真下に下ろして行くと急に硬くなる部分) 
 そのまま手の重さだけで2~3分保持します。
⑦最後にうつ伏せになってアゴをつけます。
 セルフチェックで長かった反対側のヒザを曲げて、
 カエル足の形をとります。
 ヒザを曲げた側のお尻と太もも境目にある骨の凸部(坐骨)
 に手のひらをあてて、背骨側に軽く誘導するように2~3分保持します。


2.次に足関節の矯正方法です。

もともと人間の足はわずかに外側に傾いており、
着地する時には足裏の外側から着地するようになっています。
しかしこの傾きが大きくなりすぎると、捻挫しやすくなったり、
靴底のカカト外側が極端に減るようになります。

立った時の土台部分である足関節を矯正していきます。
足首の内側の傾きが大きい側、または片足立ちで立ちにくい側
を中心におこないます。

<下がった腓骨を正しい位置に戻す>
(腓骨とは膝から足首の外側にある骨)

①右足の場合、左手の人差し指を右膝のお皿の斜め下にある
 骨のでっぱり部分(腓骨頭)に添えます。
②右手の人差し指と中指を右足外側のくるぶしに添える。
③そのまま腓骨を上方に誘導するように2~3分保持します。


<カカトの骨の捻れを治す>。

①右足の場合、右の手のひらのくぼんだところで、
 カカトを包み込むようにして保持します。
②そのままカカトを足裏側に、そして外側に軽くひねるように誘導して
 2~3分保持します。


それぞれのコツは手の力で押そうとしないことです。
力を抜いて手を添えておく感覚で保持していきます。
慣れてくるとゆっくりとした骨の動きを感じてくるようになります。


上手くできない場合には、プロにお任せください!


<参考文献>
51WqlB3KyoL__BO2,204,203


「図解 手を添えるだけで、骨のゆがみがなおる!」



くすコンディショニング
整体ウォーキング
スタイルアップ整体&ウォーキングレッスン
スポンサーサイト
Relax(リラックス):カラダの緊張をとる
尊敬する治療家の先生のブログに書かれていた言葉です。

「カラダの痛みや疲れ、歪みというのは、

1.Relax(リラックス):癒し・・・まずは溜まった疲労、緊張をとる。

2.Reset(リセット):調整・・・カラダの歪みを整えて、バランスを調整する。

3.Remake(リメイク):動きをつくる・・・自然なカラダの動きを再生する。

このような順序を経て治癒していきます。

リラックス出来ていないと、カラダはリセット出来ません。
リセット出来ていないと、 カラダはリメイク(再生)出来ません。

1.Relax(リラックス)→ 2.Reset(リセット)→ 3.Remake(リメイク)

この順番がとても大切です。」


数多くある手技療法のテクニックも
大きく分類すると、

・緩める
・矯正する
・動きをつくる

の3つに分けることが出来ると思います。

そして自分自身がおこなっているセルフケアにも

1.Relax(リラックス)
2.Reset(リセット)
3.Remake(リメイク)

の方法がいくつかあるのでご紹介していきます。


●Relax(リラックス):カラダの緊張をとる

1.子供の寝るポーズ

karadajyuku1-2.jpg

1.うつ伏せに寝て、顔が向いている側のヒジとヒザを90度に曲げます。
2.そのままの状態で、ゆっくりと背中が膨らむように深呼吸をします。
3.深呼吸をするたびに、背中から腰にかけての緊張が緩んできます。
4.緩んだら反対側も同様におこないます。

小さな子供はよくこんな恰好で寝ています。
子供は本能的にカラダをリラックスさせることが出来ます。


2.お腹をさする

食べすぎ、飲みすぎ、冷たい物のとりすぎ、
またはストレスなどで内臓も緊張していきます。
お腹の緊張もとってあげます。

1.仰向けに寝て、両手を重ねてお腹の上におきます。
2.その手でゆっくと回すようにお腹をさすっていきます。
3.気持ちの良い強さで腹部全体におこないます。


3.お風呂に入る

お風呂に入るのも効果的なリラックス方法です。
カラダをリラックスさせるには、ぬるめのお湯が効果的です。
普段シャワーで済ましている人も、カラダの緊張や
疲れを感じたらゆっくりと湯船につかるようにします。


以上どれも簡単な方法ですが、
効果はかなりあります。


くすコンディショニング
整体ウォーキング
スタイルアップ整体&ウォーキングレッスン
9/21(水)・19時:整体ウォーキング講座(鳴門)
11月開催のとくしまマラソン直前ということで、
久しぶりに整体ウォーキングの講座を夜に開催します。

・日時:9/21・19時~20時
・場所:鳴門・アミノバリューホール3階
・参加費:500円
・持ち物:動きやすい服装・スポーツタオル(orバスタオル)

今回はカラダのセルフメンテナンスの方法を中心に
お伝えしていきます。

・カラダの緊張を取る方法
・骨盤矯正の方法
・足関節の矯正法
・ヒザのメンテナンス

9月に入ってマラソン練習も追い込みの時期にきているかと思います。
しかしせっかく練習をしても、故障してしまっては元も子もありません。
すでに足、ヒザ、腰に痛みのある方もおられると思います。

痛みの原因は「歪み」です。

走り方やカラダの使い方の癖により、カラダが歪みます。
少々の歪みならカラダは補正して対処してくれます。

しかしその歪みがカラダの限界を超えた時、
カラダは「痛み」というサインを出してきます。

ストレッチやマッサージなどで筋肉をほぐすだけでなく、
歪みを矯正していくことが大切です。

自分で出来る簡単な矯正方法をお伝えしていきます。

とくしまマラソンに向けてのコンディション作りに
役立ててもらえればと思います。

・日時:9/21・19時~20時
・場所:鳴門・アミノバリューホール3階
・参加費:500円
・持ち物:動きやすい服装・スポーツタオル(orバスタオル)


10月にも開催する予定です。
・10/19(水)・19時~20時


くすコンディショニング
整体ウォーキング
スタイルアップ整体&ウォーキングレッスン
ぎっくり腰は温めない!
9月に入り朝晩だいぶ涼しくなってきました。

季節の変わり目のこの時期になると、
急に「ぎっくり腰」の患者さんが増えてきます。

ぎっくり腰の対処法として注意してもらいたいのは、
決して温めないことです。

ぎっくり腰の患者さんで
施術の前にわざわざお風呂に入り、
「しっかりと温めてから来ました」という方がいます(苦笑)。

症状が余計に悪化してしまうので絶対にやめましょう!。

ぎっくり腰などの急性の痛みは炎症が起こっています。
捻挫や打撲と同じです。
温めることによって炎症を促進させてしまいます。

ぎっくり腰は温めるのではなく、冷やすのが大切です。

湿布よりも氷で冷やすのが一番です。
お手軽なのは保冷剤をタオルで巻いて冷やすのが簡単です。

そして入浴は湯船にはつからずに
シャワーですませるようにしておきます。

まずは3日間、とにかく冷やすことです。

そしてぎっくり腰とは、自己防衛反応でもあります。

「カラダの疲れ、歪みがもう限界!」
「このまま動かれてはもう無理!」

こう判断したカラダが自己防衛のために痛みをお越し、
しばらく安静にしてもらおうと働きかけているのです。

ぎっくり腰はカラダからのサインです。

痛みが治まったからといってそのままにせずに、
カラダの疲れ、緊張、歪みをとる。
しっかりとしたメンテナンスが必要です。


くすコンディショニング
整体ウォーキング
スタイルアップ整体&ウォーキングレッスン
>