徳島県板野町の整体院「くすコンディショニング」を主宰する整体師の日々のこと、カラダのこと、ふと感じたことなどなど。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずは3週間
春になってくると、やたらとダイエット関連のCMが
目についてきます。

「5日間でやせたーい!!」
「たった1回で-8cmのチャンス!」

魅力的なキャッチコピーにきれいな水着の写真。
ついつい目がいってしまいます(笑)。

春から始めるダイエット。
どうせやるのなら短期的なものでなく、
「続けられるもの」を選んでみましょう。

カラダは急激な変化を嫌う保守派です。
太っているなら太っているなりに、
調子が悪いなら悪いなりにカラダは安定しています。
そこに変化を加えようとすると、抵抗勢力が邪魔をします。

カラダは元に戻ろうとする力と、変化しようとする力、
ジグザグな曲線を描きながらゆっくりと変わっていきます。

整体による慢性の痛みの施術、
この時もカラダは同じようにゆっくりと変化していきます。

急激な変化はカラダへの負担も大きく、
リバウンドなどもおこりがちです。

ウォーキング、ジョギング、ヨガ、体操、筋トレ、その他。
無理なく続けられそうなもの。
まずは3週間を目指してはじめてみましょう。

行動心理学によると、
「3週間続いたものは習慣化する」
のだそうです。

それと、
「三日坊主も100回続けると300日」
なんて考え方もあります(笑)。


くすコンディショニング
スポンサーサイト
「きをつけ」の姿勢がカラダを痛めている
長年の首の痛み、腕のシビレに悩まされている2人の患者さん。

お二人ともジョギングやウォーキングなど、日頃からカラダをよく動かして
います。
カラダのケアに対しても十分に気をつけています。
しかし、お二人ともカラダの痛み、痺れに長年悩まされています。

お二人に共通しているのが、普段から姿勢には気をつけているということ。
そのせいかお二人とも「きをつけ」の姿勢になっていました。

でもこの「きをつけ」の姿勢がカラダを痛めてしまっていたのです。

「きをつけ」の姿勢は軍隊式の姿勢です。
日本には明治維新後のドイツ式軍隊により導入されました。
それ以前の日本人はもっと柔らかく、リラックスした姿勢だったそうです。

「良い姿勢」=「きをつけ」
この姿勢の意識が間違いです。

「きをつけ」の姿勢はカラダを緊張させてしまいます。
ゆったりとした深い呼吸もしにくくなります。
軍隊の秩序を統制するためにはこの姿勢が必要でした。
でもリラックスした姿勢とは別なのです。

間違った姿勢の意識により、自分でも気付かぬ内に肩、首、背中を
緊張状態にさせていました。

本来、背骨はまっすぐではなS字型に湾曲しています。
この自然な湾曲のまま、背中を丸めた姿勢を意識していきます。
これを意識する、それだけで今まで長年苦しんでいた痛み、シビレが
やわらいできました。
そして今までよりも深い呼吸が出来るようになってきました。

脱力した柔らかい姿勢。
悪い猫背の姿勢にならないように、○○のラインだけ気をつける。
これでOK。

姿勢の意識を変える。
それだけでカラダは変わっていきます。

あらためて実感させられました。


・姿勢&ウォーキング塾
・鳴門市総合型地域スポーツクラブ:「整体ウォーキング」
足首をよ~く回す
磨り減った靴を履き続けるなど、土台である足元から
カラダは歪んできたりします。

足首をよ~く回してあげましょう。

カラダの癖、歩き方の癖など人のカラダには必ず左右差があります。

よく同じ側ばかりにカバンをかけてはいけない、
同じ側ばかりで脚を組んではいけない、
などということを聞きますが、全く関係ないと思っています。

人には利き腕というのがあります。(右利き、左利き)
それならば野球の右利きのピッチャーは100球ボールを投げたら、
翌日は左で100球投げなければなりません(笑)。

カラダには戻す力というのがあります。
その修正する力をきちんとつくってあげます。

まずは土台である足元から。
脚を組んだ状態から足裏を手でつかみ、ゆっくりと回してあげます。
気持ちのいいと感じる程度で結構です。
両方の足首を回したら左右の差を確かめます。

足首の回りが硬い側には動きの制限があります。
それがヒザ痛や腰痛の原因になっていたりします。

足首をよ~く回してあげる。
それだけで、整体院や治療院に行く必要がなくなったりします(笑)。
お試しください。


~徳島の訪問整体院~
くすコンディショニング
カカトの磨り減った靴
カカトの磨り減った靴をそのまま履き続けている人がいますが、
すぐに新しい靴に買い換えるか、補修してもらうことをオススメします。

足首は底屈、背屈などの上下の動きの他に、
わずかですが左右にも動くことが出来ます。
足の裏を内側や外側に向ける動きで、
内くるぶしより外くるぶしの骨のほうが長いため、
内側のほうに大きく動きます。
よく足をグキッとくじいてしまうのはこれが原因です。

実際に歩いたり走ったりするときは、足の外側から着地し、
指の内側から蹴りだして体重が移動していきます。
外側から内側にあおるような動きです。
そのため、ランニングシューズなどはカカトの外側は磨り減りにくい
素材で出来ています。

実際には歩き方のクセによって変わりますが、
一般的にはカカトの外側から磨り減っていきます。
しかしこのままの状態で靴を履き続けると、
足首が内がえしの状態のままロックされてしまいます。

これは後にO脚や膝痛、骨盤の歪みの原因になります。
カラダは足元である土台から崩れてしまうのです。


早速普段履いている靴、チェックするようにしてください。


くすコンディショニング
>