徳島県板野町の整体院「くすコンディショニング」を主宰する整体師の日々のこと、カラダのこと、ふと感じたことなどなど。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魚のエサになってみる
H19.9.19-1.jpg  H19.9.19-2.jpg

某ショッピングセンターで、ドクターフィッシュの足湯を体験する。

ドクターフィッシュはコイ科の小魚で、37度の温水の中でも
元気に泳ぐ特殊な魚です。
そして人の肌の角質を餌としてついばんでくれます。

これが何ともいえない感触。
くすぐったいような、それに電気がピリピリとくるような感じ。
美肌効果、低周波マッサージのようなリラクゼーション効果などが
あるそうです。

ランニングでのマメがあるせいか、誰よりも一番魚にたかられて
いました。

そんなに美味いのか?

終わった後はなんだか足がツルツルに。


「イタ気持ちいい未体験の心地よさ」
訪問整体院 くすコンディショニング
スポンサーサイト
余計な力が抜けた走り
2日連続の20キロ走もこの週末で3回目。
ようやく最後まで普通に走りきれるようになってきた。
タイムは2時間を数分オーバーするペース。

暑さが和らいできたせいもあって、だいぶ楽に走れる感じに。
「余計な力が抜けた走り」ができるようになりつつある。

カラダの隅々まで意識して走ると、手の親指に力が入っていることに
気づく。
力を抜いた柔らかい握りに変えてみる。
それだけで上り坂の走りが楽になったりする。


四万十川ウルトラマラソンまで後1ヶ月をきった。


3年前のウルトラマラソン完走記
「胸をはって背筋をのばす」とは
最近お客さんを診て思うこと。

「胸をはって背筋をのばす」

この言葉の呪縛によってカラダをおかしくしている人が
何とも多いこと。

良い姿勢の代名詞のような言葉ですが、手の形であらわして
みるとよく分かります。

胸をはって背筋をのばした「手」
H19.9.12-1.jpg

このような手で整体などの手技療法をおこなえば、相手のカラダに
自分の手の緊張が伝わり、触れただけで相手を硬くしてしまいます。
もしピアニストなら、このような緊張した手では決して上手く演奏する
ことは出来ないでしょう。

自然な手の形
H19.9.12-2.jpg

力みのないリラックスした手は、丸みがあって自然な柔らかい形に
なります。


「胸をはって背筋をのばす」、これは軍隊式のスタイルです。
兵士のカラダを緊張させることによって軍を統率していきます。


手の形と一緒です。
自然な良い姿勢は力みのないリラックスした柔らかい姿勢なのです。



姿勢コーチング実績
3日で50キロ
来月に迫ってきている四万十川ウルトラマラソン。
そろそろ走りこみをしていかないとヤバイ。
救いは体脂肪率が14%台ということ。
一時は20%を越えていた。

この週末は3日で50キロの走りこみをする。

・金曜日 10キロ
・土曜日 20キロ
・日曜日 20キロ

その日その日でカラダの感覚がそれぞれ違う。
徐々にカラダが走る距離に馴染んでいくという感じ。

最初の20キロ走は走っていいる最中も、また走り終わった後もかなり
きつかった。
なんせ20キロ走は2月に丸亀ハーフマラソンを走って以来の半年ぶり。
必殺の「ふくらはぎユルユル」テーピング術のおかげでなんとか走りきる。


9月は走りこみ月間とし、それ以外の曜日も

・月曜日 30分 Jog
・火曜日 10キロ
・水曜日 10キロ
・木曜日 30分 Jog

で走っていく予定。

一度に走りこむ距離は20キロまで。
それ以上の距離を走ると回復するのに時間がかってしまう。
その代わり20キロ走は2日連続で走りこむことにする。
日にちがないので雨天決行でおこなう。

この一ヶ月でどこまでカラダが変わるのか、
楽しみでもありまた不安でもある。
>