徳島県板野町の整体院「くすコンディショニング」を主宰する整体師の日々のこと、カラダのこと、ふと感じたことなどなど。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビフォー・アフター
「なかなか思うようにダイエットが出来ない」、
という女性ランナーのお客さんに刺激を与えようと、
衝撃のビフォー・アフターの写真をお見せしました。

せっかくなのでここにもアップ!

59482_368129493272774_60704604_n.jpg

6年前(平成18年10月)と、昨年(平成23年10月)の
阿波吉野川マラソン大会の完走証の写真です。

なかなかの変わりようです!(笑)

あの頃は夜中の食欲が抑えきれず、
冷凍食品のスパゲティーやカレーうどんを
寝る前によくレンジでチンしていました(笑)

今より10キロ近く重かったでしょうか、
ランニングも週1、2回程度。

それでもこんな体型ながら20キロ(当時はハーフはなかった)を
1時間32分19秒(キロ4分37秒)で完走しています。

やはりダイエットは毎日の食事と運動。

摂取カロリーを抑えて消費カロリーを上げること。
これにつきます。
短絡的な方法はありません!

週1、2回の激しい運動も注意が必要です。

急な激しい運動はカラダが飢餓状態になることに備えて、
脂肪をできるだけ消費しないように作用するそうです。

ダイエットの語源はギリシャ語の
「dieta・生活様式、生き方」

毎日の食事と運動、
やはり生活習慣が大切です!


もう腰痛・膝痛で悩まない、快適なカラダを手に入れる!
徳島の整体院 くすコンディショニング
http://www.kusu-con.com/

TEL 088-672-1648
スポンサーサイト
この流れが一番です!
今日は朝一で初心者の主婦の方を
マンツーマンでマラソン講習。

・腰痛で当院に来る → ・痛みがなくなる →

・姿勢、カラダの軸が安定する → ・歩き方、走り方をレッスン →

・マラソン完走を目指す → ・サポートしていく


1.Relax(リラックス):緩める・・・まずはカラダの緊張を緩める。
2.Reset(リセット):調整する・・・カラダの歪みを調整する。
3.Remake(リメイク):動きをつくる・・・自然なカラダの動きを再生する。

この流れがやはり一番です!

やっている自分も楽しい!

何も必ずマラソン完走を目指さなくてもいいのです。
快適に動かせるカラダを目指していきます。

この流れに一人でも多くの方をのせていければと
思っております。


~痛みのないカラダへ、そしてさらにその先へ~
徳島の整体院 くすコンディショニング
http://www.kusu-con.com/

TEL 088-672-1648
受付:10時~20時・不定休
山岳ウルトラマラソンで歩き方を学ぶ
飛騨高山ウルトラマラソン、
本当に過酷なコースでした。

きつい坂は容赦なく歩きました。

というか、
後半の上り坂はほとんど歩くことしか出来ませんでした。

しかも前も後ろもすべてのランナーが歩いている。

こんなマラソンレースは初めてでした。

しかもきつい上り坂を歩く姿は皆一緒、

「膝に手を押し当てながら歩く」

という歩き方でした。

整体ウォーキングの講座でも
まずは「押して歩く」ということをお伝えしています。

足で蹴るのではなく、自分の体重を利用して押して歩く、
これが一番効率的です。

100キロのウルトラマラソンのレース後半、
しかも疲れ切った状態で坂を上って歩く時には
皆自然と膝に手を当てて歩いていました。

やはり「押して歩く」、
というのが一番効率的な歩き方だということを、
あらためて実感させられました。

ただずっと手で膝を押しながら歩いていると、
腕も疲れてきます。

実際、脚だけでなく腕も筋肉痛になりました(笑)

そんな中、自分がどうやって歩いていたかというと、

「腕を前に振り出しながら歩く」

という歩き方でした。

腕を後ろに引くのではなく、前に押し出すように振ります。

こうすることで自然と体重を脚にのせることができ、
「押して歩く」ことを助けてくれます。

この歩き方は意識的にしたのではなく、
手で膝を押して歩くのに疲れたら自然としていました。

腕を前に振り出すことで上り坂を
グイグイと押し上っていけました。

おかげで歩きの上り坂ではほとんど誰からも
抜かれることはありませんでした。

飛騨高山の地で、山岳ウルトラマラソンを走り(歩き)ながら、
歩き方についても身を持って学ぶことが出来ました。


~痛みのないカラダへ、そしてさらにその先へ~
徳島の整体院 くすコンディショニング
http://www.kusu-con.com/

TEL 088-672-1648
受付:10時~20時・不定休
あれからもうすぐ一年
あれからもうすぐ一年。

津波対策は、
一刻も早く高い所高い所へと駆け上がる。

そういえばあの震災後、

「自分の命や子供の命を守るには、
10キロ位は走れるような体になっておかなければと思って」

と、初めてやって来たきた
お客さんの言葉を思い出した。


~痛みのないカラダへ、そしてさらにその先へ~
徳島の整体院 くすコンディショニング
http://www.kusu-con.com/

TEL 088-672-1648
受付:10時~20時・不定休
体を温める食べ物・冷やす食べ物
2月も終わりだというのにまだまだ寒いですね。
暖かくなるまでもう一息、あと少しの辛抱でしょうか。
体を温かくして、なんとか乗り切っていきたいところです。

ちなみに食べ物には、
体を温める食べ物と、冷やす食べ物があります。

一般的には
冬が旬の食べ物は体を温め、
夏が旬の食べ物は体を冷やす、
とされています。

しかし今ではスーパーなどでは旬など関係なく、
冬でも夏野菜が売られたりしています。

そこでネットで検索するといろいろと出てきたので、
主なものを抜粋してみました。

下記を参考にしてみてください。

冷え性の方などは特に温める食べ物は多く取って、
冷やす食べ物は極力避けるようにてください。

<体を温める食べ物>
もち米
生姜、ごぼう、れんこん、にんじん
ねぎ、たまねぎ、山芋
鶏肉、鮭、めんたいこ
紅茶、赤ワイン

<体を冷やす食べ物>
白いパン、豆腐
トマト、キュウリ、レタス、キャベツ、バナナ
うなぎ、あさり、しじみ
コーヒー、緑茶、牛乳

ちなみに先ほど、
プチトマトと豆腐を肴にビールを飲んだら、
めっちゃ体が寒くなりました(笑)


~痛みのないカラダへ、そしてさらにその先へ~
徳島の整体院 くすコンディショニング
http://www.kusu-con.com/

TEL 088-672-1648
受付:10時~20時・不定休
>